太陽光発電を最大に活用したいなら…専用蓄電池を併用しよう!

2016年4月24日

太陽光発電という名のシステムを知る!

現在主流とされている電気ですが、電気は主に火力発電と原子力発電によって賄われています。石油や天然ガスは限りある地球の資源であり、そのため資源不足などの重大な問題も考えていかなければなりません。そこで脚光を浴びているのが太陽の光。太陽の光は無数、無限ということで太陽光をエネルギーに変換する研究は長年進められて来ました。現代では最新のエネルギー開発が行われており、太陽光発電という名のシステムが非常に注目されています。

設置にかかる費用の額を知っておきたい!

一般庶民がひと月で使う電気料金は一体どれくらいの額でしょうか。ひとり暮らしなら4千から5千円、二人暮らしになると9千円ほどです。三人なら1万円、四人になると1万円以上は確実です。家族数が多くなればなるほど、電気代はかかります。年間の電気代はなんだかんだで10万円以上かかっていると考えると良いでしょう。太陽光発電を導入した際にかかる費用は最低でも150万くらいはかかります。年間電気代のおよそ15倍と考えると良いでしょう。

長い目で見れば絶対お得!

150万円かけて太陽光発電を設置した場合、果たしてお得なのかという疑問を持たれる方もいるでしょう。太陽光発電を導入すれば、自家発電で家庭の電気を賄えるので、電気代を払わずに済みます。日照量が多ければ蓄電池に電気を貯めて置いたり、余った電気を電力会社に売ることも出来ます。単純計算では10年間で元を取ることが可能ですが、15年後、20年後と年月が増してゆけば、収入源としても考えることが出来るのではないでしょうか。

太陽光発電の価格は太陽光パネルを取り扱う企業によってさまざまですが、太陽光発電によって得る電気の収入で約1年たてば元は取れることが多いです。