SEO効果が大きいホームページを構築する”たった3つのこだわり”

2016年4月25日

まずは”価値ある内容”を更新することにこだわる

ホームページのメインとなるのが、その内容になります。記事をどんどん更新することが誰でもできますが、その中身に価値があるかどうかは、更新する際の意識によります。面倒だと感じながら、適当でいいやと思いながら、更新すると確実に薄い内容になります。しっかり書いているつもりでも、読者は簡単に見破るので人が集まることはまずありません。それによってSEOが『無価値なホームページ』と判断を下し、余計に人が集まらなくなります。だから、記事1つ1つこだわり抜き、集中して作成し、更新することが大切です。

次にホームページの記事を見やすく編集する

ホームページの記事を作成した後、今度はその見やすさをこだわる必要があります。例えば、改行なしの長文で記事を更新したとき、それは見やすいと言えるでしょうか。確実に『読む気しない』と読者は感じてしまいます。単純な例ではありますが、読者は読む前にその見やすさに注目するので注意が必要です。だから1つの文章を3から4行に分け、塊とすると良いでしょう。さらに、文章の塊と塊の間に空行を2から3行を入れると、より見やすくなります。これによって読者は文章を読む、というよりも見ると感じるので、ストレスを与えずに済みます。結果、読者が何度も来るようになるため、これだけSEO効果を高める結果になります。

ホームページの入口を自分で多く用意する

どれだけ良いホームページを作成・構築しても、読者がいなければ意味はありません。検索されることを期待しても、はっきり言っても無駄です。だから、自分から誘導する必要があるので、積極的に取り組むと良いでしょう。その方法とは、ホームページのリンクをインターネット上のいろんなサイトに貼付けるだけです。例えば、別のホームページやブログにコメントをし、さらに自分のホームページリンクを貼付けておくだけで、人は集まってきます。また、SNSのFacebookやtwitterを利用すると、より集めることができます。人がもともと集まっている場所にリンクを貼付けることが、読者を集めるコツになります。集まるようになれば読者は増え、SEO効果を加速的に上げることができます。

ホームページ作成とSEOには重要な関係性があり、検索結果の上位に表示されるようになることで、アクセス数アップが期待できます。