自営業の始め方について

2016年6月26日

自営業を始めるのは難しいのか

自営業の始め方はいろいろありますが、基本的な手続きは難しくありません。

特に個人から始める独立起業は、会社組織と違い設立の手続きがほとんどないので、簡単な届け出をすることで開業することができます。

廃業も難しい手続きはなく、青色申告特別控除なども受けることができます。

一般的には手続きや準備を始めてから、実際に開業するまでには約1年ほど期間が必要と言われています。

また資格の取得が必要な場合や、開業資金集めなどが必要な場合は、さらに長い準備期間がかかることも考えられます。

自営業を始める上で必要になるもの

まず必要となるのが屋号です。

何の商売をしているのか分かりやすく、顧客を集めやすい屋号が推奨されます。

そして問い合わせなどを受け付けるために、事業用の電話番号が必要となります。

入出金に備えて専用の口座と印鑑も用意しておく必要があります。

印鑑は契約書を始めとする書類などにも必要となるので、屋号名の印鑑を準備しましょう。

住所も必要となりますが、住んでいる家やマンションの賃貸契約によっては事務所不可となっている場合もあるので、その場合はバーチャルオフィスサービスの利用を検討しましょう。

マーケティングを考えましょう

開業する準備が整ったら、マーケティング方法を選択しましょう。

ホームページやチラシの作成や雑誌への掲載など、方法は様々です。

現在主流となっているのはホームページでのマーケティングで、スマートフォンの普及によりチラシや雑誌の掲載よりもコストパフォーマンスに優れた成果を上げることが可能です。

インターネットを使ったマーケティングは、ウェブサイトの他にもメールマガジンなどが利用でき、コストも抑えられるので非常に有効な手段となっています。

ふあトロで、巨大なタコ入り、ソース無しで激ウマと評判の「たこ焼き元祖どないや」が、遂にフランチャイズの募集を開始しました。