理解しておきたい!新入社員研修の目的に関して

2016年7月25日

新入社員研修においての主な内容

新入社員研修において一般的な内容として、いわゆるビジネスマナーであったり会社内の規則の案内等があります。挨拶の仕方もしくは名刺交換、さらに電話対応等がベースとなります。座学によって会得するよりは、ビジネスマナー専門の指導者を呼んで、現実の上で表現することでマスターさせることが多いといえます。それぞれの専門会社によって多種多様なメニューが整えられています。それぞれの会社の業態にしたがって研修することになります。

会社の業務に合った研修が必要です

ベーシックなビジネスマナー以外は、その企業にマッチした研修を実行しなければ無意味に終わります。営業する局面が多いならば、個人宅へ訪ねる場合のマナーであったりルールそして、法人へ訪ねる際のマナーも伝える項目に入れなければなりません。新入社員については、ついこの前は学生の状態であったというところは、留意すべき点です。そういう点で、社会については把握していても本当の意味では良く分からない状態という一面があります。

新入社員研修の重要な目的

新入社員研修は、新入社員が社会常識を認識し、役立つ人材となることが目的ですが、同時に新入社員に会社組織の目標としなければならない方向感を理解してもらい、共感を得てもらう必要性もあります。会社組織のたどってきた成り立ち、あるいはこれから先の進まなければならない方向性そして、実現のために期待される人材についてきちんと説明することが重要になります。社員へ明朗な目標を与え、向上心を引き出す事も研修の役割となります。

企業内のコンプライアンスを重視し、従業員の意欲のアップを目指すために、管理職研修を積極的に実施する企業が少なくありません。