引越しの荷造りに要する期間はどのくらいか

2016年8月24日

引越しの荷造りが間に合わなくなることも

引越しの荷造りに要する期間というのは、何人家族か、荷造りに専念できるかなどでも変わってきますが、仕事の合間に荷造りする場合は、相当前から始める必要があります。一人暮らしで仕事をしながら荷造りしている場合は、退去日まで荷造りが間に合わなくなるということもあります。解約日は、一度家主に通知したら、もう変えることはできませんから、解約日に明け渡せるよう、しっかりとスケジュール管理をおこなう必要があります。

三日で荷造りできるケース

転勤族と呼ばれる世帯では、辞令が出てから三日で引越すこともよくあったようです。引越しに不慣れな人から見れば、信じがたいでしょうが、常に引越しを前提にした住まい方をしていれば、不可能ではないでしょう。引越しで時間を取るのは不用品の処分です。転勤族なら、不用品は日常的に処分しているでしょうから、常に身軽に動ける状態なのでしょう。2年おきくらいに引越すことが確定しているなら、常に引越し作業をイメージしていられるので、三日でできないことはありません。

引越し慣れすると、短期間で荷造りできる

初めて自分が主体となって引越すときは、荷造りにそれはそれは時間がかかるものです。勝手がまったくわからないからです。しかし、何度も引越しをしていると、要領がつかめてくるので、荷造りに要する期間はずいぶん短くできます。自分で引越し日を自由に決められる場合は、いずれにしても、なるべく余裕を持たせてスケジュールを組むことですね。徹夜をしても荷造りが間に合わないなどという事態は、極力避けるべきです。解約日を後ろにずらすことはできないのですから。

不用品の回収をしてもらいたい場合は年中無休で営業している業者があるので、そちらに連絡しましょう。至急の依頼にも対応してもらえます。