流行りの営業代行にはどんなメリットがあるの?

2016年9月21日

業務の外注はついに営業にまで

アウトソーシングという言葉が浸透してきて随分と経ちました。社内の業務の一部を外注することで社内リソースの活用をシンプルにするということになりますが、元々は大きなものでも電話窓口くらいだったものが今では営業部門にまで、その対象が広がってきています。サービスとしてサービス業者が増え続けてきていることから、そこには確実なメリットが存在するのですが、それはどういったものなのでしょうか。費用と効果の観点から見てみましょう。

アウトソーシングのメリットをそのままに

アウトソーシングの一番のメリットは、外注した業務の規模の拡大と縮小がかなり自由になることではないでしょうか。営業部門では大規模な販路拡大を行いたいときと、顧客が安定的についてそのフォローを重視したいときでは必要な人員はだいぶ変わりますよね。でも、だからといって自社の営業部の人員を簡単に増減させることはできません。営業代行サービスでは、こういった事態も込みとなりますので、事業展開がスムーズにできるということになります。

不慣れですから、を排除できる

適切な時期に必要な人員が用意できることから、費用面でのメリットは分かるのですが、外部に大事な営業をまかせても大丈夫なのか不安な方もいるでしょう。ですが、これには多少業態は違いますが先例があるため、全く問題とはなりません。長く続いている代理店業は、言い換えれば営業代行となりますよね。任せる仕事はそう変わらないのです。もちろん、営業代行会社の能力次第ではあるのですが、自社のリソースは商品やサービスの拡充に充てて営業を外注することが理にかなっているということにもなるのです。

営業代行とは一般的に営業活動を代行すること、もしくはサービスを指しています。つまりアポイントの獲得や受注であったり、目的に応じて様々です。